葬儀やお墓の準備

お葬式

最近では生きているうちから、あらゆることを決める終活というものが流行っています。終活は、財産分与や生前整理も含まれますが、お墓を自分で購入する、葬儀はどのようにして欲しいという要望を伝えるということも終活の一つです。特にお墓の問題は、死後亡くなってからだとなかなか場所が探せないということもあります。生前のうちにあらゆることを決めておくことが大切です。まず、墓石の価格は石材の材質やお墓のサイズ、デザインによって変わってきます。宗教上の理由で、墓石を洋風にしたいという場合や、大きなお墓を作りたいという場合、値段が若干高くなってきます。また、石材も水を通さず長年使えるものを選んでいくことが大切です。それぞれ業者によって扱っている石やデザインなども異なってくるので、業者と相談して決めていくことが大切です。

多摩区には、多くの葬祭式場があります。葬祭式場は、普段はなかなか足を運ぶことがない場所です。しかし、多摩区の葬祭式場の中には、地域社会に密接して様々な取り組みを行なおうとしている所もあります。葬儀の相談会を開いていることや、会合や講習会なども開催しており、多くの人が訪れやすいような場所を目指している所もあります。また、誰か知人が亡くなって、直接会場に行くことが出来ないような場合は、弔電を送ることが礼儀となっています。最近の弔電は、線香やプリザーブドフラワーが付いているものもあり、遺族にお悔やみを伝えやすくなっています。弔電を送る際には、独特の言い回しに気をつけて言葉を選んでいくことが大切です。

価格を決める要素

葬儀

墓石の価格は石材の質や、デザイン、サイズによって変わります。石材は、産出量やその石材の特徴などによって値段が異なってきます。また、お墓のデザインを和型にするか洋型にするかでも大きく変わります。

弔電でお悔やみを伝える

数珠

弔電は葬儀に出席出来ない時に送るものです。四十九日や一周忌などでも送ることがあります。弔電を送る際には独特の言い回しなどがあるので文例を読むことや、注意して言葉を選んでいくことが大切です。

自分の生き方を考える

線香

元気のあるうちに終活を行なうことで、これから自分が余生をどう生きていくのか確認することができます。自分の遺産を生前整理しておくことや、明確に遺書を作成することで残された遺族も争わずに済みます。